「OCN モバイル ONE」、25日よりターボ機能や高速通信容量の繰り越しなど追加

ocnmobileone1
OCNは23日、マツコ・デラックスでおなじみのドコモ回線を利用したモバイルデータ通信「OCN モバイル ONE」において、25日から「容量追加オプション」などのサービスを拡充すると発表しました。

全コースにおいて高速通信の容量を追加かつ繰越し可能に

月次サービス(月1GB/2GB)のみで提供していた高速通信容量の追加機能を、新たに日次サービス(一日50MB/80MB)、速度制限コース(500kbps)に拡大します。

20140623_2a
日次サービスにおいて、1日あたり500円(月6回まで)で高速通信の追加が可能です。高速容量を追加した場合、当日内のみ利用可能。例えば、朝8時に高速通信容量の追加を申し込んだ場合、当日の23時59分まで適用となります。また複数のSIMを利用している場合。すべてのSIMカードで高速データ通信が可能です。

速度制限コースでは、500円を払うことで500MB高速通信をすることができます。利用時には新アプリの「ターボ機能」をONにすることで高速通信が可能。複数枚SIMを利用している場合、高速通信容量に関しては複数枚のSIMでシェアされる形となります。

それに加えて、月次サービス・速度制限コースにおいて、当月内に使い切れなかった高速通信容量を翌月に繰り越しすることが可能になりました。

「ターボ機能」のON/OFFができる「OCN モバイル ONE アプリ」の提供も開始

6月25日の午後より、スマートフォンやタブレットからデータ利用量の確認やコース変更、容量追加の申し込み、さらに高速通信のON/OFFができる「ターボ機能」が搭載されるアプリ「OCN モバイル ONE アプリ」(Androidのみ)がGoogle Playにて提供予定です。

ターボ機能においては、利用者が必要に応じて高速通信と低速通信を切り替えられます。例えば、YouTubeで動画を見たい場合には「高速通信」をオンにし、ニュースサイトやTwitterなどの文字中心の通信においては「高速通信」をオフにすることで、高速通信容量を節約することができます。

また複数のSIMカードを保有している場合、SIMカードごとに高速通信の設定を行うことが可能です。

Source:OCN

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。