コスパ抜群! 1万円以下で買えるおすすめ「格安7インチタブレット」5選

TOP01

最近ではタブレットの価格もだいぶ下がり、1万円以下で購入することができるコストパフォーマンスに優れた商品も多くなりました。

今ではそんな格安タブレットを2台目のタブレットとして使ったり、映画やゲームなどを楽しむ専用機として使うなど、誰でも気軽にタブレットを楽しむことができるようになりましたね。

そこで、これまで60台以上のスマホ・タブレットを所有してきた私が、実際に使ってみて良かったものを、1万円以下のコスパに優れた商品に厳選して5点紹介します!

東芝 Android 4.2搭載タブレット AT7-B619

AT7-B619

OSAndroid 4.2
CPUデュアルコアプロセッサー 1.2GHz
RAM1GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ7インチ、解像度:1024 x 600(LED液晶)
カメラフロントカメラ:30万画素
サイズ・重量高さ199mm x 幅119.8mm x 厚さ10.9mm 重量345g
カラーブラック

このタブレットは、国内メーカーの東芝が販売している格安タブレットなので、低価格帯ながらすぐに壊れるなんてこともなく安心して使えます。値段が安くスマホよりも画面が大きいので、ゲームや映画などのコンテンツを気軽に大画面で楽しみたい方にはおすすめです。1年の保証も付いているので安心です。

東芝 TOSHIBA Tablet AT7-B619 (Android4.2,Dual Core,メモリ16GB,.7型ワイドWSXGA,)東芝タブレットPC(端末)

¥ 9,8002015/12/30 23:33

Amazon Fireタブレット

Fire タブレット

OSFire OS 5 「Bellini」
CPUクアッドコア最大 1.3GHz
RAM1GB
ROM(内部ストレージ)8GB
ディスプレイ7インチ、解像度:1024 x 600
カメラフロントカメラ:2メガピクセル
サイズ・重量高さ191mm x 幅115mm x 厚さ10.6mm 重量313g
カラーブラック

ネット通販大手のAmazonが販売しているこのタブレットは、「プライムミュージック」「Amazonビデオ」「Kindle」などのAmazonコンテンツとの相性が非常に良いので、Amazonを頻繁に利用される方にはおすすめのタブレットです。また、Amazonプライム会員なら4,000円引きで購入することができるので、プライム会員の方はとりあえず購入してみてはいかがでしょうか。

Fire タブレット 8GB、ブラック

¥ 8,9802016/7/14 03:04

BLUEDOT Android 5.1搭載タブレット BNT-71W

BNT-71W

OSAndroid 5.1
CPUCortex A53 1.3GHz
RAM1GB
ROM(内部ストレージ)8GB
ディスプレイ7インチ、解像度:1024 x 600
カメラフロントカメラ:30万画素
サイズ・重量高さ192mm x 幅116mm x 厚さ10mm 重量295g
カラーホワイト

Android 5.1を搭載しているこのタブレットは、「1.3GH クアッドコアCPU」を搭載しているので、ゲームや動画も快適に楽しむことが可能です。また、液晶にはIPSパネルを搭載しているので、あらゆる角度からでも綺麗な映像を楽しむことができます。

商品の詳細はこちら (※2015/12/30 BLUEDOT 7,980円)

Ployer Windows8.1 Bing搭載タブレット MOMO7W

MOMO7W

OSWindows 8.1 Bing
CPUZ3735G 1.33GHz
RAM1GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ7インチ、解像度:1024 x 600
カメラフロントカメラ:30万画素
サイズ・重量高さ188mm x 幅108mm x 厚さ10.5mm 重量280g
カラーホワイト

このタブレットは低価格ながらWindows 8.1を標準で搭載しているので、ビジネスユースからプライベートまでこれ1台で幅広く使うことができます。さらに本体にはmini HDMIポートを搭載しているので、自宅のテレビやモニターと接続してデスクトップPCのように使うことも可能です。

Ployer MOMO7W 16GB intel 3735G IPS液晶 BT搭載 Windows8.1 Bing ウインドウズ(Windows) 【並行輸入品】

¥ 8,5362016/7/14 03:04

原道 Android4.2搭載タブレット N70

N70N70

OSAndroid 4.2.2
CPUMT8382 Cortex-A7 デュアルコア 1.3GHz
RAM512MB
ROM(内部ストレージ)4GB
ディスプレイ7インチ、解像度:1024 x 600
カメラフロントカメラ:30万画素 / バックカメラ:30万画素
サイズ・重量高さ189mm x 幅108mm x 厚さ9mm 重量499g
カラーホワイト

SIMカードスロットを搭載しているこのタブレットは、格安SIMなどと合わせて使うことで、Wi-Fi環境がない外出先でも気軽にインターネットを楽しむことができます。また、root権限を取得済みなので普通ではアクセスすることのできないコアシステムの設定も簡単に書き換えることができるため、コアな部分まで弄りたいという玄人の方にはおすすめのタブレットです。

N70 3G SIMフリー[3G SIMカード 通話 データ通信対応][GPS][Bluetooth]デュアルコア 4GB Android4.2 両面カメラ ROOT取得済み/初期化しても日本語仕様

この商品は現在お取り扱いできません。2016/7/14 03:03

まとめ

今回紹介したタブレットは、どれも1万円以下の低価格で購入することができるのものばかりで、プライベートからビジネスまで活躍する操作性の高いものばかりです。実際に使ってみて、あまり複雑な使い方をしなければ十分快適に使えるとおすすめできるものなので、格安タブレットを購入される際にはぜひ参考にしてみてください。

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。