最強のコストパフォーマンス! 3,000円で1万円級の音質と話題のイヤホン「Xiaomi Piston3」レビュー

Xiaomi Piston3
イヤホン界のコストパフォーマンスモンスターと言われている?「Xiaomi Piston 3」を入手したので、外観と音質をレビューしていきたいと思います。

入手先

amazon
現在、日本では正式に販売しておらず、海外から直接輸入するか、Amazonなどで業者が独自に輸入しているものを購入する形になります。今回は配達日数のことも考慮し、Amazonの倉庫に在庫がありプライム便が使用できる「Audio One」という業者から購入しました。

他の業者よりも少し値段が高くなっていますが、いろいろ調べてみると本物を送ってきたという報告が見受けられた為、敢えてこの業者をチョイスしてみました。

真贋を確かめてみた

Xiaomi Piston3
Xiaomi製品は非常に精巧な偽物も多く流通しているので、購入した製品が本物かどうか注意する必要があります。Xiaomiは製品の真贋を見分けるシステムを用意してくれているので、簡単に調べることが出来ます。
真贋判定
画像はイヤホン本体に付いているXiaomiロゴの入ったタグなのですが、この裏面に真贋判定用のQRコードがプリントされています。

そのQRコードをスマートフォンなどで読み取り、表示されるURLにアクセスすると真贋判定が出来るという仕組みになっています。認証されるのは一度だけのようで2回目以降は製品ページに飛ばされます。

繰り返しになりますが、この製品は偽物が沢山流通しています。決して安易に安い製品に飛びつくのでは無く、購入前に販売業者の評価、「正規品未使用」「返品保証」などの有無を、しっかり下調べをして購入したほうが良いでしょう。

Xiaomi Piston3
外装は白い紙で覆われており高級感があります。裏面には製品に関する情報が記載されています。
Xiaomi Piston3
白い紙に包まれる形で、イヤホンの入った黒いケースが入っています。こういった形の包装はあまり見かけたことが無かったので、すごくテンションが上がります。
また、紙にはイヤホンの使い方やイヤーピースの取り付け方など、必要最小限の説明が書かれています。
Xiaomi Piston3
黒いケースの中には、イヤホンとイヤーピースが入っています。イヤーピースはXS,S,M,Lの4種類あり、耳のサイズに合わせて付け替えることができます。

外観

ハウジング

Xiaomi Piston3
イヤホンのハウジングはアルミとプラスチックの組み合わせでありながら質感が高く、かなり高級感があります。また、この中にチタニウム合金製のドライバーが収められています。

カナル型なので、外部の音をきっちり遮断することができます。

ケーブル・コネクター

Xiaomi Piston3
ケーブルの長さは1.25メートルで、長すぎず短すぎず調度良い長さになっています。
Xiaomi Piston3
イヤホン右側には、リモコンが搭載されており、曲の再生停止、音量調整が可能です。

Xiaomi Piston3
ケーブルの素材は、Ankerの高耐久ナイロンに近い素材で出来ており、普段の使用において断線するようなことはそうそうないと思います。

Xiaomi Piston3
コネクター部分アルミ素材で出来ており、しっかりと加工されています。

音質

Xiaomi Piston3
Xiaomi Piston3(以下、Piston3)単体をレビューしても、読者の皆さんにはどんな音がでるのか、イマイチ想像しづらいと思うので、筆者がよく使っている価格1~2万円程度のAudio-technica製「ATH-CKS1000LTD」(以下、CKS1000)とApple製「Earpods」を交えて比較してみました。

比較に使用した曲

曲

  • μ’s「それは僕たちの奇跡」
  • fripside「Only my railgun」
  • ドヴォルザーク(演奏:サンフランシスコ交響楽団、指揮:小澤征爾)「交響曲 第9番 ホ短調 作品95 新世界より 第4楽章」

音楽再生機器としては、スマートフォンのHTC One M9を使用しました。

μ’s「それは僕たちの奇跡」・fripside「Only my railgun」

一般的なアニメソングとして、この二曲をチョイスしてみました。どちらもリズム感があり、女性ボーカルということで、低音域から高音域まで鳴らせるしっかりした性能が求められられます。

CKS1000は低音域は量も多く、音の質も良いのですが高音域に関しては少し弱く、曲の所々、ボーカルの声やバックの音楽が耳に刺さります。Xiaomi Piston3はCKS1000と比較すると低音域は負けてしまいますが、高音を鳴らした時に耳に刺さるような感じがありません。

曲全体では、CKS1000は低音にボーカルの声が埋もれたり、Earpodsは音がふわふわしているのに対し、Piston3はバランスがよく締まった音を鳴らしているので、曲として調和が取れており、Piston3の方が良い音の様に思えました。

ドヴォルザーク(演奏:サンフランシスコ交響楽団、指揮:小澤征爾)「交響曲 第9番 ホ短調 作品95 新世界より 第4楽章」

クラシック音楽として、ドヴォルザークの「交響曲第9番 第4楽章」をチョイスしました。この曲に関しても、上記のアニソン同様低音から高音まで、更には楽器一つ一つが分離されているのかどうかといった解像度、オーケストラとしての迫力が感じられるのか、といった様々な事がイヤホンに要求されます。

Piston3はEarpodsには音の広がりと解像度で勝っていましたが、CKS1000と比べると劣ってしまいます。しかし、価格差ほどの差は無く僅かな違いでした。

一楽章程度の短い時間を聴くなら低音に迫力のあるCKS1000の方が良いかもしれませんが、CDまるごと一枚など長時間聴くのであれば、バランスの取れたPiston3の方が聞き疲れすること無く、聴くことが出来ると思います。

まとめ

当初はサブ利用のつもりで購入した価格約3,000円のXiaomi Piston3が、筆者のメインイヤホンであるATH-CKS1000LTDを脅かす程のクオリティがあるとは思ってもいませんでした。

音質に関しては各人好みがあると思いますが、国内で販売されている3,000円のイヤホンとは比べるまでもなく、また1万円台のイヤホンと比較しても、遜色無いくらい製品としてのクオリティや音質がPiston3にはあります。

これから1万円台のイヤホンの購入を検討している方にも、1万円以下のイヤホンで満足している方にもアップグレードとして、是非ともこのXiaomi Piston3をオススメしたいですね。

Xiaomi(シャオミ)Piston 3.0 インナーイヤホン

¥ 2,9802016/7/14 02:53

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。