ビックカメラの格安スマホ第2弾「StarQ」本日発売 SIMとセットで月額2830円

ビックカメラ 格安スマホ

ビックカメラが自社ブランドの格安SIM「BIC SIM」とSIMフリースマートフォンのセット販売の第2弾を発表しました。
第1弾のCovia Flea Phoneに続き、今回対象となる端末は「TJC StarQ Q5001」です。

TJC StarQ Q5001の主なスペック

OSAndroid 4.2.2
CPU1.3GHzクアッドコア
RAM1GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ5インチ、HD:1280×720
カメラアウトカメラ:800万画素、インカメラ:200万画素
バッテリー容量2000mAh
サイズ・重量約145(H)x73.5(W)x8.95(D)mm、143g
カラーブラック
その他デュアルSIM、LTE非対応、FS KARENプリインストール

W-CDMAとGSMに対応し、LTEは利用できません。そのため最大通信速度は下り14Mbpsとなります。日本語入力アプリとしてFS KARENがプリインストールされています。

TJC株式会社とは

あまり馴染みのない名前の企業ですが、主な業務は中国を拠点としたOEM/ODMの国内への橋渡しです。ルーターやスマートフォン、タブレットなど多くの製品に携わっています。
ちなみにウィルコムから発売された「だれとでも定額パス」もTJC製です。

音声通話プランとセットで月額2830円

StarQの端末価格は2万2320円です。
BIC SIMのデータ通信・音声通話プランの月額利用料が1900円で端末代金の24回分割とあわせると月額2830円となります。データ通信は1GB/月まで利用でき、超過後は200kbpsの速度制限が適用されます。

データ通信専用プランなら月額1830円

080、090で始まる電話番号が利用できないデータ通信専用プランなら端末代金とあわせた月額利用料は1830円となります。利用できる通信量は同じく1GB/月で、超過後は200kbpsの速度制限となります。こちらのプランを選択した場合、通話にはIP電話アプリやLINEなどの通話アプリを利用することになります。

LTEは非対応

BIC SIM自体はLTEにも対応し最大150Mbpsの通信が可能ですが、StarQはLTEに対応していません。そのため最大速度は3Gの14Mbpsとなります。

まとめ

利用できる通信量1GB/月と大手キャリアのプランと比較すると少ないですが、料金は非常に安価で端末代金を含めて3000円を切っています。たくさん通信を行わない人やフィーチャーフォンを使用している人の2台目として十分選択肢となりえるでしょう。

発売日は6月13日、全国のビックカメラとコジマ各店で販売されます。

Source:ビックカメラ | TJC

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。