HTC、MWC2015にてフラッグシップスマートフォン「HTC One M9」を発表 2000万画素カメラ、RAM3GB搭載

HTC One M9
MWC2015において、HTCはフラグシップモデルとなる「HTC One M9」を発表しました。

「HTC One M9」のスペック

HTC One M9

OSAndroid 5.0.2 Lollipop HTC Sense 7.0
CPUQualcomm Snapdragon 810 MSM8994 Octa-core 64bit対応
RAM3GB
ROM(内部ストレージ)32 GB (microSDカードスロット対応)
ディスプレイ5インチ、解像度:1920×1080
カメラアウトカメラ:2000万画素、インカメラ:400万画素(Ultra Pixel)
バッテリー容量2840mAh
サイズ・重量約 144.6×69.7×9.61mm、157g
カラーシルバー、ゴールド、ピンク、ブラック、ガンメタルゴールド
その他 VoLTE、Dolby Audio、BoomSound

HTC

前モデル「HTC One M8」からの変更点

HTC One M8

  • SoCがSnapdragon801から64bit対応オクタコアのSnapdragon810にスペックアップ
  • RAMが2GBから3GBへ
  • Duo Cameraが廃止され、2000万画素のカメラに
  • フロントカメラが、400万画素 UltraPixelカメラに
  • バッテリーが240mha微増
  • LTE Cat.9に対応、上り最大450Mbps。20のLTEバンドに対応。

SoCやRAM、カメラなどでスペックアップが見られますが、全体としては前モデルである「HTC One M8」からカメラ部分を除いて大幅に変更された点はないように見受けられます。

しかし、デザイン細部などでブラッシュアップされており、着実にクオリティアップしています。「HTC One M8」ユーザーは「HTC One M9」にするメリットはそこまで無いかもしれませんが、2世代前になる「HTC One (2013)」からは十分に乗り換える価値はありそうですね。

Source:HTC

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。