Huawei、IFA2015にてForce Touchディスプレイ搭載「Huawei Mate S」を発表

Huawei MateSHuaweiは9月2日、ベルリンで開催中のIFA2015にて、Force Touchディスプレイを搭載したフラッグシップスマートフォン「Huawei Mate S」を発表しました。

Huawei Mate Sのスペック

Huawei mate S

OSAndroid 5.1 + EMUI 3.1
CPUHisilicon Kirin 935, Octa core 64bit
RAM3GB
ROM(内部ストレージ)32/64/128GB
ディスプレイ5.5インチ、解像度:1920×1080 FHD
カメラアウトカメラ:1300万画素 OIS、インカメラ:800万画素
バッテリー容量2700mAh
サイズ・重量149.8mmx75.3mmx7.2mm、(最薄部2.65mm)、156g
カラーLuxurious Gold、Titanium Grey、Mystic Champagne
LTE対応Band(CRR-UL00)FDD LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B17/B20、TDD LTE:B38/B39/B40/B41(100M)
LTE対応Band(CRR-L09)FDD LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28、TDD LTE: B40
その他指紋認証

価格は32GBモデルが649ユーロ(約88,000円)、64GBモデルが699ユーロ(約95,000円)となっており、Ascend Mate7(32GB/499ユーロ、64GB/599ユーロ)より100ユーロ(約14,000円)以上値上がりしています。

Force Touchディスプレイ搭載

Force Touch
Mate SはHuawei製のスマートフォンとして初めて、Force Touchディスプレイを搭載しています。
タッチした圧力によって画像の拡大など、通常のタップ以外の操作を行うことができます。

2.5Dディスプレイ搭載

2.5D
ディスプレイの周り部分がラウンドした2.5Dデイスプレイを搭載しており、デザイン面での一体感だけでなく、画面端からのスワイプなどの操作感も向上しています。

ジェスチャー機能搭載

Fingerprint
背面に搭載されている指紋認証のセンサーは、単にセキュリティとしての指紋認証機能だけではなく、スワイプすることによってスクロールや画面の切替など様々な操作をトラックパッド感覚で行うことができます。

日本での発売は?

Huawei公式Twitterが投稿した、販売地域を載せた画像には「Japan」の文字が含まれていませんが、
オンライン直販サイト GetHuawei.com の「Availability」の項目には「Japan」の文字が存在しています。

現時点でHuaweiの日本法人からのアナウンスはありませんが、Ascend Mate7が国内販売された実績もあるので、日本市場にも投入されることでしょう。

Huawei

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。