ビックカメラ「BIC SIMカウンター」を開設 格安SIMがより身近に 初期設定などサポートも充実

BIC SIMカウンター

ビックカメラとインターネットイニシアティブはビックカメラ有楽町店に「BIC SIMカウンター powerd by IIJ」を開設することを発表しました。
2社の協業でサービスが行われている「BIC SIM」を実際のキャリアショップと同様に店頭で契約ができるカウンターです。

今までの格安SIMとの違い

イオンと日本通信の協業で行われた「格安スマホ」の販売はテレビでも取り上げられ、MVNOの知名度は格段に向上しました。
ですが実際に契約を行おうとすると多くの場合、公式サイトからの契約が一般的で端末の選択や初期設定などスマートフォンに関する知識をあまり持っていない人には難しい部分が多いというのが実情です。
BIC SIMカウンターではそれらのハードルを下げる、取り払えます。

実際にBIC SIMカウンターで受けられるサービスは以下の通りです。

  • BIC SIM音声通話パックの新規契約
  • BIC SIM音声通話通話パックの乗り換え(MNP転入)
  • その他BIC SIMに関する各種案内

BIC SIMカウンターでは担当のスタッフが対応し、契約だけでなく料金プランの相談に乗ってもらえたり、端末の初期設定のサポートも行います。
「料金プランはどれが最適か」「どのスマホで利用できるか」など不明点を直接聞いて確認ができます。
おそらく契約者の多くが初めての格安SIMで、大手キャリアとの契約ではまず触ることのないAPN設定などをサポートしてもらえるという点で非常に存在価値のあるサービスだと感じます。

手軽にスマートフォンを持てる時代

ファーウェイのAscend G6を皮切りに低価格で高品質、LTEにも対応するスマートフォンやタブレットが多く登場する予定となっています。
これら製品が家電量販店に並ぶことでより手軽に、快適にスマートフォンを利用する機会が増えることは非常にうれしく思います。
受付カウンターや実店舗の開設は今後さらに増えていくでしょう。
加入のハードルが下がることで多くの人々がスマートフォンの楽しさや魅力を感じる機会が増えること非常に楽しみです。

Source:IIJ

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。