UQ WiMAX、WiMAX 2+ユーザー向けに無料でWi-Fiサービスを提供 ―Wi2 300のエリアで利用可能

青いガチャピンとムック
UQは9日、同社が提供しているWiMAX 2+ユーザー向けに7月25日から無料でWi-Fiサービスを提供することを明らかにしました。

利用可能なエリアについて

既にUQと直接WiMAXサービスを契約しているユーザー向けに「UQ Wi-Fi」という形で全国の空港などでWi-Fiサービスが提供されていましたが、今回、ワイヤ・アンド・ワイヤレス社と提携し同社が提供している「Wi2 300」をWiMAX 2+ユーザーにも利用できるようになりました。

主に利用できる場所は以下の通り。

  • 東海道新幹線、成田エクスプレス、京成スカイライナー、東武野田線などの車内
  • 羽田空港、中部国際空港、大阪国際空港(伊丹空港)などの空港
  • スターバックスコーヒー、タリーズコーヒー、ガストなどの飲食店(マクドナルドは除く
  • ローソンなどのコンビニエンスストア

Wi2 300はau Wi-Fi SPOTと併設してアクセスポイントが設置されていることもあり、ユーザーの想定以上にWi2 300の電波を検出することができ、上記のエリア以外にも身近な空港や駅、飲食店などでWi-Fiを利用することができます。

利用可能なSSIDは「UQ_Wi-Fi」「Wi2」「Wi2_club」「Wi2premium」「Wi2premium_club」。しかしながら、Wi2 300のユーザーが利用できる「mobilepoint」は利用できません。

モバイルWi-Fiルーターを忘れたときの保険に便利

UQではWi-Fiサービスの提供にあたって、「モバイルWi-Fiルーターを忘れたときの保険」という形態でユーザーに利用を薦めています。既にWiMAX 2+に対応したモバイルWi-Fiルーター「HWD14」では自動的にau Wi-Fi SPOT(Wi2 300ではない)に接続する機能が搭載されており、7GBの通信制限回避にもWi-Fiスポットが利用できます。

UQ本家と直接契約したユーザーのみ利用可能

残念ながら、Wi2 300の無料利用はUQと直接契約したユーザーのみとなります。ワイヤレスゲートなどのMVNOを通じて契約したユーザーは対象外となります。

Source:UQ

「WiMAXはどこと契約していますか?」の投票結果

  • WIMAXはUQと契約している (40%, 98 件の投票)
  • WiMAXはUQ以外と契約している (60%, 150 件の投票)

投票合計数: 248

こちらもおすすめ

あわせて読みたい

いま、注目の記事

Geeklesの最新記事

小鳥遊静雄
執筆:小鳥遊静雄
某私大外国語学部所属。通信技術などが大好物。根っからの犬派。だけども猫も好き。Twitterは@t_shizuo。

この記事へのコメント:1件

  • 私はNECBIGLOBEです。

Geekles(ギークルズ)をフォロー

Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。