SIMフリースマホをみまもりケータイ化した「見守りフォン3.0」、2年利用で月額1980円から

「見守りフォン」
マザーコンシェルジュは、SIMフリー端末と独自開発したアプリを連携されて、子供や高齢者などの見守りに活用できるサービス「見守りフォン3.0」を7月1日より開始すると発表しました。

見守りフォン3.0とは?

見守りフォン
見守りフォン3.0は、離れて暮らす高齢者や外出中の子供に「見守りフォン」を持たせて、何かあれば緊急連絡を行ったり安否確認したりすることが可能なサービス。

また一人一人の生活や健康状態に合わせたパーソナルなセキュリティ端末として医療・介護・保育面でのサービスとの連携も行えます。具体的には、毎日の身体の状態を記録し主治医や家族に状態を伝えることができます。それに加えて、GPSを搭載していることで、緊急時において端末所有者の居場所を素早く把握することも可能になっています。

端末はSIMフリー端末を製造していることでお馴染みのプラスワンのfreetelを採用。マザーコンシェルジュでの販売価格は1万9800円で買い切り。2年利用を前提としたリース契約であればあれば月額1980円で利用することができますが、初回支払時において6ヶ月分の料金11180円の支払いが必須となります。

マザーコンシェルジュではMVNOのSIMの利用を推奨。特にOCNやDTIのSIMパッケージでは追加料金なしで設定できますが、通信料は端末代と別途かかることとなります。

Source:マザーコンシェルジュ

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。