ソニー、自撮りに特化したファブレット「Xperia C3」を発表 −500万画素インカメラ搭載

XPERIA C3
ソニーモバイルは7月8日、「Xperia C3」を台湾で発表しました。ソニーとしては初となる500万画素「PROselfie cam」を搭載し、セルフィー(自撮り)に力を入れた製品になります。

「Xperia C3」のスペック

OSAndroid 4.4 KitKat
CPUSnapdragon 400 1.2GHz
RAM1GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ5.5インチ 1280×720 IPS
アウトカメラ8MP Exmor RS for mobile
インカメラ5MP PROselfie cam Front Flash LED
バッテリー容量2500 mAh
サイズ・重量約156(H)x78.5(W)x7.6(D)mm、150g
カラーホワイト、ブラック、ミントグリーン
その他防水防塵

広角レンズやLEDフラッシュを搭載することで大人数や暗所などの撮影にも強くなっています。また、ソニーのカメラの特徴的な機能である「プレミアムおまかせオート」にも対応しており、「インカメラは画質が悪い」といったイメージを払拭するモデルとなっています。

インカメラに力を入れている他社の端末

ascend g6最近日本でも販売が開始された「Ascend G6」もインカメラに500万画素カメラと88°の広角レンズを搭載し、自撮りに力を入れた端末になります。

OPPO N1その他には、日本で発売されていませんが「OPPO N1」という回転カメラを搭載した端末が存在します。この端末はアウトカメラとインカメラが共用でカメラ部分が206°回転する変態端末です。1300万画素でF値2.0の明るいレンズを採用しカメラとしては申し分ないスペックになっています。おそらく、現時点で世界最高のインカメラを搭載した端末の一つではないでしょうか。

Source:Sony Mobile

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。