au、「HTC J Butterfly HTL23」を発表、8月下旬という遅い発売に

HTL23
KDDIは7月31日、「HTC J butterfly HTL21」の後継モデルとなる「HTC J Butterfly HTL23」を遂に発表しました。発売は8月下旬とのことで、5月8日の2014年の夏モデルの発表会で登場を予告してからも約3ヶ月経っての発売になります。

「HTC J Butterfly HTL23」のスペック

OSAndroid 4.4 KitKat
CPUSnapdragon 801 MSM8974 2.5GHz
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)32GB
ディスプレイ5インチ1,920×1,080 Super LCD3
アウトカメラメイン:1300万画素、サブ:200万画素
インカメラ500万画素
バッテリー容量2,700mAh
サイズ・重量145mm x 70mm x 10.0mm、156g
カラールージュ、キャンバス、インディゴ
その他IP57の防水・防塵、LTE-Advanced(CA)、WiMAX 2+、BoomSound

特徴的なのはアウトカメラの1300万画素+200万画素ですね。HTC One M8が500万画素+200万画素であり、解像度不足であった点を克服してきています。

JBLハイレゾ音源にも対応した「JBLハイパフォーマンス インイヤー ヘッドフォン」が付属します。

dot view case「au +1 collection」からはケース越しに通知が確認できる「Dot View Case」が発売されます。

8月下旬に発売されて果たして売れるのか?

「HTC J Butterfly HTL23」のスペックは、アウトカメラがデュアルカメラで有ることを除いて、現在販売されているauや他社の夏モデル端末と比較しても殆ど差がないものになっています。

たとえ今販売開始されたとしても、「HTL23」期待して待っていた人たちが待ちきれずに、「GALAXY S5」や「isai FL」など他の端末を購入してしまうということもは十分に考えられます。
これから新たにスマートフォンを購入を計画している人も店頭に行った時に定価販売している「HTC J Butterfly HTL23」よりも「MNP一括0円+キャッシュバック数万円」などと投げ売りが始まっている「Xperia ZL2 SOL25」の方が魅力的に映るかもしれません。

数週間経てば、auのHTCスマホによくある「MNP一括0円+キャッシュバック数万円」になることも十分に考えられるので、どうしてもすぐに購入したい”HTC愛”のある方以外は、発売後もう少しだけ待つ方がいいかもしれません。

Source:KDDI

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント:1件

    • 今でもhTC button をもています。ワンセグが映らない!新びんにしても映らない!検討中です。新しいスマートホンはない同ですか?子分ける!スマートにです?!

    Geekles(ギークルズ)をフォロー

    Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。