米Verizon独占モデル「Xperia Z4v」の発売が中止、原因はZ5か

xperai-tn

米Verizonは2015年6月16日に発表した「Xperia Z4v」の発売を中止すると発表しました。

Xperia Z4vとXperia Z4の違い

design_im053

Xperia Z4vは国内でも発売されているXperia Z4をベースにカスタマイズされた米Verizon独占モデルです。デザインを筆頭に比べてみると、ところどころ変わっています。

特に変化が多いのがディスプレイ、ワイヤレス充電機能の有無、バッテリー容量の3つです。
Z4に比べると重量が増していますが、バッテリー容量は増え、ディスプレイはフルHDから2Kに、そしてワイヤレス充電機能が搭載されるというベース機のXperia Z4よりもスペックが向上しています。

Xperia Z4vXperia Z4
バッテリー容量3000mAh2930mAh
ディスプレイ約5.2型WQHD液晶約5.2型フルHD TFT液晶
サイズ、重量約72.3×144.4×8.6mm 約160g約72×146×6.9mm 約144g
ワイヤレス充電機能(Qi)搭載非搭載

発売中止の原因はXperia Z5か

20150903112911

今夏発売と発表されていましたが、なんの進展もなく秋を迎え発売中止となりました。
今回Xperia Z4vが発売中止になったのは、ソニーがXperia Z5シリーズを発表したからではないでしょうか。

Snapdragon 810を採用したスマートフォンは発熱に悩まされてきましたがXperia Z4もその1つです。フルHD対応であの発熱ですから2Kの液晶は更に発熱を悪化させていたと思います。

ソニーはXperia Z4vの発表から約3ヶ月後のIFA 2015 ソニー プレスカンファレンスで、Xperia Z4の後継機であるXperia Z5シリーズを発表しました。2本のヒートパイプを搭載することで発熱を抑え、触った人間によると4K動画撮影の撮影時間も増え、発熱具合はXperia Z4よりも少ないようです。

Xperia Z5の発表で存在意義が薄れてしまい、わざわざ発熱の問題が残っているXperia Z4vは発売せずにXperia Z5を発売するほうがメリットがあると判断されたのだと思います。

米VerizonがXperia Z5もしくはカスタマイズ機を発売するかどうかは不明ですが、今回のようなことにはならないで欲しいですね。

Verizon Wireless

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。