OnePlus、6.9mmの薄型ボディ&アルミフレーム採用の5インチスマートフォン「OnePlus X」を発表

OnePlus X
中国のスマートフォンメーカーOnePlusは、6.9mmの薄型ボディとアルミフレームを採用した5インチスマートフォン「OnePlus X」を発表しました。11月より順次発売予定となっています。

OnePlus Xのスペック

OSOxygenOS based on Android 5.1.1
CPUSnapdragon 801 2.3GHz Quad-core
RAM3GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ5.0インチ、解像度:1,920×1,080、Gorilla Glass3、Active Matrix OLED
カメラアウトカメラ:1,300万画素、インカメラ:800万画素
バッテリー容量2,525mAh LiPo
サイズ・重量140 x 69 x 6.9 mm、Onyx: 138 g Ceramic: 160 g
カラーCeramic, Onyx
LTE対応Band(北米)FDD-LTE: Bands 1/2/4/5/7/8
LTE対応Band(ヨーロッパ/インド)FDD-LTE: Bands 1/3/5/7/8/20、TDD-LTE: Bands 38/40
その他Micro SD

スペックは一世代前のハイエンド機と同レベルに仕上がっています。最近のスマートフォンにしてはLTEの対応Bandは少ないですが、価格が3万円台からだということを考慮すると、充分すぎるくらいのスペックだと思います。

価格/発売日

ヨーロッパ市場では、11月5日よりOnyxバージョンが269ユーロ(約36,000円)で、11月24日よりCeramicバージョンは369ユーロ(約49,000円)発売となっています。
北米市場では11月24日よりOnyxバージョンが249ドル(約30,000円)で発売されます。


また購入は招待制となっており、招待なしではすぐには入手できない模様です。

紹介動画

OnePlus Xの特徴

デザイン

OnePlus X
OnePlus XはOnyxモデルとセラミックモデルの二種類が用意されます。どちらも、側面にはアルミフレームを採用しており、Onyxモデルはバックパネルがガラス素材となっています。

セラミック
価格設定ではセラミックモデルの方が上位になっており、「何故、セラミックの方が高いの?」と思われた方もいるのではないでしょうか。
「セラミック」と聞くと、歯の詰め物や陶磁器などを思い浮かべがちですが、OnePlus Xでは模造ダイヤとも呼ばれ、宝飾品などとしても用いられるジルコニアを素材として採用しており、価格以上のクオリティを提供してくれるものと思います。

Oxygen OS

Oxygen OS
OSには、Android 5.1.1をカスタマイズしたOxygen OSが搭載されています。素のAndroidの良さを残しながら、ジェスチャー機能や、ナビゲーションバーのカスタマイズ、アクセントカラーの変更など、様々な点で手が加えられており、かゆいところに手が届くような設計がされています。

アクセサリー

OnePlus X
アクセサリーとして、一般的なシリコンのものから、木製、竹製、カーボンテクスチャーのものまで様々な純正ケースが用意されています。

OnePlus

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。