【注意】粗悪なLightningケーブルや充電器でiPhone 5が突然死する可能性あり

iPhone 5
イギリスのiPhoneの修理会社である「mendmyi」は、粗悪なLightningケーブルや充電器でiPhone 5を充電した場合、故障する可能性があると報告しています。

iPhone 5が故障する原因

iPhone 5の充電に非認定の粗悪なLightningケーブルや充電器を使用した場合、電圧が安定しないためUSBや充電、電源ボタンをコントロールしている「U2 IC」というチップがダメージを受け、以下の症状のようにiPhoneが正常に動作しなくなるとのことです。

  • バッテリーが1%以上充電できない
  • 自動的に電源がONになり、電源が切れなくなる
  • スクリーンに何も映らなくなる
  • Appleロゴから起動しなくなる

車のシガレットライターを使用している場合にも電圧が安定せず、同様の症状が起きるとも報じています。

この問題は「iPhone 5」だけでなく「iPhone 5C」でも起こる可能性があり、異なるチップを搭載している「iPhone 5S」は現時点では安心だそうです。

充電による故障を防ぐための対策

この問題に対しては以下の様な対策が有効でしょう。

  • まず粗悪なケーブルや充電器を使用している場合、即刻使用をやめる
  • Apple純正の物または「Made for iPhone」などAppleの認証を取得しているものを使用する
  • 車などで使用する場合は、インバーターを使用する

非認定の激安ケーブルを使用している方は早急に使用をやめ、上記のような症状が見られた方はApple Store行くことをおすすめします。

Appleの認証を取得した「Amazonベーシックlightning USBケーブル」であれば純正のものよりも数百円程度安いため、少しでも安い方がいいと思われる方はこちらを購入するといいでしょう。

Source:mendmyi via MacRumors

「非認定のLightningケーブルを使ってる?」の投票結果

  • 使ってる (66%, 101 件の投票)
  • 使ってない (34%, 52 件の投票)

投票合計数: 153

こちらもおすすめ

あわせて読みたい

いま、注目の記事

Geeklesの最新記事

やほお
執筆:やほお
HUAWEI Mate S使いの西木野真姫ちゃん推しです。

Geekles(ギークルズ)をフォロー

Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。