日本未発売、ASUS「ZenFone5 LTE A500KL」をレビュー

Zenfone5

ZenFoneとはASUS社が発売したスマートフォンのシリーズです。

日本語の「禅」が由来となっており、台湾やその他の販売国で絶大な人気を誇っています。

今回、台湾でZenFoneシリーズのLTE対応版であるZenFone5 LTE (A500KL)を購入したので、レビューしていこうと思います。

※ZenFone5 LTE(A500KL)は技適未認証のため、日本国内で使用すると電波法に抵触します。

ZenFone5 LTE A500KLの外観・デザイン

外箱

外箱(化粧箱)はこんな感じです。

Zenfone5 外箱

とてもシンプルなデザインとなっています。

本体デザイン

Zenfone5

本体自体のデザインも非常にシンプルです。ASUSによると、ZenBookから発想を得たデザインに仕上げたとのことです。

サイズ

液晶のサイズは5インチで、本体サイズは148.2×72.8×10.34 mmと少々大きめ。
成人男性でも片手の操作は少し難しいサイズです。

Zenfone5 サイズ比較

iPod Classicとのサイズ比較です。

背面

背面に至っては更にシンプルで、リアカメラの下に「ASUS」という表記と下の方にうっすらと「Zenfone」と書いているだけです。

Zenfone5 背面バックカバーを外すと、microSDカードスロットとSIMカードスロットが見られます。
残念ながらバッテリは取り外すことが出来ません。

Zenfone5 背面技適のマークは未認証なのでもちろんありません。SIMのサイズはマイクロSIM。

バックカバーはマット仕様です。黒だと少し指紋が目立ってしまいます。

デザインまとめ

こうしてみると、非常にシンプルでこぎれいなデザインに仕上がっていますね。モノトーンな雰囲気が好きな筆者にとって最高のデザインでした。日本国内で使えないのが惜しまれます。

ZenFone5 LTE A500KLのスペック

OSAndroid 4.4(Kitkat) with ZenUI *
CPUQualcomm Snapdragon 400 1.2GHz
RAM2GB/1GB
ROM(内部ストレージ)8GB/16GB/32GB eMMC Flash
ディスプレイ5インチ、解像度:1280×720 IPS(ゴリラグラス3)
カメラアウトカメラ:8メガピクセル F2.0、インカメラ:2メガピクセル F2.4
バッテリー容量2110mAh
サイズ・重量148.2 x 72.8 x 10.34mm(高さx幅x厚さ)、145g
カラーチャコールブラック、パールホワイト、チェリーレッド、トワイライトパープル、シャンパンゴールド
対応周波数(LTE)TW、APAC SKU3、7、8、28
対応周波数(LTE)EU SKU3、7、8、20
対応周波数(LTE)CN SKU34、38、39、40、41
対応周波数(3G)UMTS 850、900、1900、2100
対応周波数(2G)EDGE/GPRS/GSM 850、900、1800、1900

*:Android Lアップデート対応予定

RAM、ストレージが違うモデルが複数存在します。筆者が購入したモデルはTW SKUのRAM2GB、ストレージ16GBモデルです。

価格は6,640ニュー台湾ドル、日本円で24,380円でした。

ベンチマーク

空港で購入後、待ち時間の間にベンチマークを測ってみました。

Antutuベンチマーク結果

Zenfone5 Antutu

3DMarkベンチマーク結果

Zenfone 3DMark Zenfone5 3DMark

ベンチマーク結果としてはお世辞にも良いとはあまり言えません。
しかし、通常使用であればストレスを感じることはありません。スクロールなどもなめらかに動いてくれます。

ZenUI

数あるデフォルトUIの中で一番出来が良いのではと感じました。複数のスクリーンショットを交えてご紹介します。

ZenUI HomeZenUI right

App drowerZenUI Quick Settings
ZenUI Lock

日本語キーボード

ZenUI keyboardあまり期待していなかった日本語キーボードですが、想像していた以上に出来が良くてびっくりしました。ただ、ATOKに慣れていた筆者にとっては操作に戸惑う場面が多々ありました。

総評

2万円台半ばのスマートフォンとしては最高の出来ではないでしょうか。きちんとLTEも使えますので、海外旅行先で高速なモバイル通信環境を使えることが出来ます。
これで旅先の写真をFacebookやInstagramにストレスなくアップロードすることが出来ますね。

日本国内での発売の噂も立っていますが、どうなるのでしょうか。実際に発売されれば、日本国内での人気もうなぎ登りになること間違いなしです。

※赤色のZenFoneを購入するには根気が必要です。台湾国内でも赤色は大人気でどのお店も品薄状態でした。桃園空港内を隈無く探しましたが、赤色はどれも売り切れでした。

ASUS Zenfone5 LTE SIMフリー (16GB, White)

この商品は現在お取り扱いできません。2016/7/14 01:45

Source:ASUS

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント:1件

    • 型番間違ってませんか?

    Geekles(ギークルズ)をフォロー

    Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。