世界初!水に浮くスマートフォン「COMET」がクラウドファンディングサイトで公開

comet

スマホを壊してしまう原因としていつも上位にくるのが水没。
防水モデルが増えてきているのでこれからは水没も怖くないのでは、とも思いがちですが海の上で落としたら拾うのは困難です。

今回紹介するのは、そんな問題もクリアする水に浮くスマホです。

水に浮くスマホ COMETの特徴

comet3

この世界初のスマホ「COMET」の特徴は水に浮くことです。川や海などで落としても浮くのは当然として、内部に浸水させないための防水もしっかりしています。

「沈まないので拾い上げることができたが、浸水により故障していた」ということのないように IPx7規格の防水機能も持っています。これらにより、通常の使用においても優れた防水機能と防塵性能により壊れにくくなっています。

性能面

comet specification

COMETは水に浮いて故障に強いだけではありません。スマホとしての性能面に関してもしっかりと作られています。
スマホとしての性能も下記の表の通り、特にカメラについてはこだわっています。

OSAndroid 5.1.1(Lollipop)
CPUQualcomm Snapdragon 810
RAM4GB
ROM(内部ストレージ)32/64GB
ディスプレイ4.7インチ、解像度:720×1280
カメラアウトカメラ:1600万画素、インカメラ:1600万画素
バッテリー容量2800mAh
サイズ・重量約137.5×67.7×7.9mm、120g
カラージェットブラック/アイスバーグホワイト/ライトゴールド
その他 IPx7防水機能

カメラ

comet camera

カメラについてはアウトカメラの1600万画素も高性能な部類ですが、インカメラにも1600万画素のものを搭載している点は注目すべきポイントです。
フラッシュLEDについてもデュアルフラッシュとなっていますので美しい写真を撮影することが可能です。

募集価格

水に浮いて、水没してもこわれないCOMETは現在、INDIEGOGOにて出資者を募集しています。価格については下記のようになっています。

32GBモデルの場合

  • SUPER EARLY 249ドル(日本円:約29,800円)
  • EARLY BIRD 289ドル(日本円:約34,800円)
  • CORE PACK 329ドル(日本円:約39,800円)

64GBモデルの場合

  • SUPER EARLY 279ドル(日本円:約33,800円)
  • EARLY BIRD 329ドル(日本円:約39,800円)
  • CORE PACK 399ドル(日本円:約47,800円)

どのモデルも今なら全て申込可能です。

ファンディングの状況

comet timeline

COMETに関するファンディングの状況ですが、募集開始から17日を経過した10月2日の時点で、目標金額である100,000ドルに対して110人から24,722ドルを集めています。
この世界初の水に浮くスマホのファンディング成功となるか引き続き注目したいと思います。

COMET in INDIEGOGO

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。