iPadのような美しいデザインの高性能ソーラーバッテリー「SolarTab」

solarbattery

ソーラーバッテリーは登山やキャンプなどの長時間コンセントがない環境で役に立つデバイスです。例えば3泊4日の縦走登山の際に外部バッテリーだけで充電を行おうとすれば複数個持っていくか、重量の重い大型のものを持っていくしかありません。

しかし今までのソーラーバッテリーには以下のような問題がありました。

  • 出力が安定しない
  • 電力供給能力も低い
  • 日照時にしか使えない
  • 内蔵するバッテリー容量が少ない

SolarTab

solartab-iphone

今回登場したSolarTabは、タブレットのような外観に今までのソーラーバッテリーにはない性能を秘めています。

デザインは初代iPadに似ており、これがタブレットライクな名称の由来ともなっています。

スペック

ソーラーバッテリーとしてだけではなく通常の大容量バッテリーとしても使用可能です。その際は付属の充電器をMicro USB端子に接続して充電します。

ソーラーパネル定格出力5.5W 単結晶シリコン太陽電池
バッテリー容量13,000mAh リチウムポリマー
充電能力iPhone 6を1.5時間、iPad Air 2を4時間でフル充電
カバーポリウレタン製
入出力端子入力用:Micro USB、出力用:5V 2.1A対応USB端子×2
サイズ・重量高さ246x幅193×厚さ9mm、1,200g(同梱品を含めた総重量)
同梱品約本体、Micro USBケーブル、10W USB充電器、取扱説明書

本体

solartab1

本体の表面には、太陽電池パネルが広い表面積をいかして全面に装着されており、それによって最大5.5Wの発電力を達成しています。
内部には13,000mAhを誇る大容量バッテリーを内蔵しており、太陽電池パネルで発電した電力をここに蓄えます。

本体の薄さも収納する際の使い勝手の面で有利です。バックパックへのパッキングでは背中側にセットすれば他の荷物を入れる際にも邪魔になりません。

カバー

st cover

カバーには手帳ブランドとして有名なモレスキン製の専用品がセットされ、質感を高めています。

デザイン

solarcharge

本体のデザインはApple製品を意識したデザインとなっています。
さらにモレスキン製のカバーは、Apple製のiPad用カバーのように折りたたむことでSolarTabの角度を調整することが可能です。
これによりいつでも最適な方向に太陽電池パネルを向けることができるので、ファッション性だけではなく機能性も重視したデザインとなっています。

価格

ソーラーバッテリーとして今までにない性能と美しいデザインを誇るSolarTabは、Amazon.comにて日本からも注文可能です。

10月20日現在の価格は本体価格が129ドル、日本円で約15,900円となっています。これに送料978円を支払うことで注文から1週間程度で入手できます。
SolarTabにセットされているモレスキン製のカバーは、タブレット用として7,000円程度で販売されているものなので、この点でもお買い得な商品です。

Amazon.comのレビュー欄でも購入者からの評価が高いSolarTab、屋外で充電が困難な環境に長時間滞在する場合は検討してみてはいかがでしょうか。

SolarTab
9to5Mac

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。