ドコモ、今度は牧場ゲームに参入 「ねこ牧場」という商標を出願

ねこ牧場
NTTドコモが、2014年12月16日に「ねこ牧場」という商標を出願していたことが判明しました。

商標の内容

ドコモが出願しているのは、出願番号2014-106465。商標の区分は第9類と第41類です。
第9類の適用範囲は、主に携帯電話や携帯電話などの周辺機器、家庭用テレビゲーム機や電子記憶媒体などを含む機械器具類。
第41類の適用範囲は、主に電子出版物の提供又はこれに関する情報の提供、ダウンロード可能なスマートフォン用ゲームプログラム。

同様の区分で出願している、「マジカルフリック」「ドラゴンリバーシ」「クレーン&モンスターズ」は全てアプリであったので、同様にスマホ用ゲーム(アプリ)の商標と考えられます。

ドコモのゲームアプリ事業

株式会社NTTドコモのアプリドコモは去年の年末から、立て続けに3本RPGのゲームアプリをリリースしています。開発はドコモだけではないものの、App StoreやGoogle Playに出す際はNTTドコモのアプリとしてリリースされています。

マジカルフリック

150121_docomo_03a150121_docomo_03b

NTTドコモとエディアの共同開発。
ドコモとしては初のネイティブゲームアプリ。パズドラに似ていると話題になったが、見た目的な部分は似ているが、操作感は結構違う。

ドラゴンリバーシ

150121_docomo_04a150121_docomo_04b

NTTドコモとイニスの共同開発。

クレーン&モンスターズ

150121_docomo_05a150121_docomo_05b

NTTドコモとマトリックスの共同開発。

今後の展開は?

既にリリース済の3タイトルは、どれも「ドラゴン」や「モンスター」といった王道系のRPGゲームアプリでした。今回商標出願が確認された『ねこ牧場』は、こちらもスマホアプリゲームでは人気のある「猫」という要素と「牧場ゲーム」という、よほど下手に作らない限り外さなそうなタイトルです。

まだ、大きなヒット作は出ていないものの、どれもゲーム自体はちゃんとできていて、ストアの評価やレビューも上々です。もしかすると、mixiを救ったモンスターストライクのように、ドコモを救う救世主となるゲームが登場するかもしれませんね。

Source:商標公報DB | trademark_bot

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。