検証結果:高木浩光氏がご立腹の「WiFiシェア」、暗号化してるはずのWi-Fiパスワードを平文で保存してた

06

日本のクラウドファウンディングサービス「Makuake」で160万円もの資金を調達した、『WiFiシェア』が9月18日にiOS/Androidアプリをリリースしてサービスを開始しました。

余らせている通信回線(通信量)を他者に売ったり買ったりすることで、余っているときはシェアをする、足りないときはシェアされるという形で通信の販売自由化を目指しているそうです。

xdatashare.png.pagespeed.ic.M1Zrf3zphx

具体的にはシェアしたい場合は、自身がアクセスすることができる(パスワードを知っている)SSIDとパスワードと位置情報を登録します。すると、近くにいるシェアされたい人はパスワードを知らずにそのアクセスポイントを利用することが可能になります。しかも通信はWiFiシェアのVPN(仮想プライベートネットワーク)を通るので保護されるという説明です。

セキュリティ的な懸念が

04

しかしこのサービス、ネットセキュリティの専門家である高木浩光氏(@HiromitsuTakagi)が苦言を呈しています。

つまり、Wi-Fiのパスワードは利用者(シェアしてもらう側)に丸見えになるから、そういうことを前提とした運用であることをもっと示しなさい。
現在は「安全」と書かれているが、安全じゃないし安全だと誤解したままサービスを使うことは危険だから許されないよ。というような感じだと思います。

実際に試してみた

ということで、本当に平文でパスワードが確認できるのか、サービスの仕組みを把握するついでに試してみました。

検証ではシェアする側にAndroidアプリ(Xperia Z4/Android 5.0.2)を、シェアされる側にiOSアプリ(iPhone 5s/iOS 9.0)を使用しました。画像にはありませんが、どちらも位置情報の取得を許可する必要があります。

WiFiシェアでシェアしてみる

Screenshot_2015-09-22-03-56-03

テスト用にSSID:YAZAWi-Fi、パスワード:Pass=LoveLiveというWi-Fiを新たに設定してみました。普段使っていないものなので、検証に使ったiPhone 5sとXperia Z4にはどちらのパスワードも保存されていません。

Screenshot_2015-09-22-03-56-26Screenshot_2015-09-22-03-56-36

WiFiシェアの起動画面は「シェアされる」側として利用するか、「シェアする」側として利用するかとシンプルで分かりやすい作りです。
Android側ではシェアする設定を行うので、[自分のWi-Fiをシェアする]を選択します。そして、シェアしたいWi-Fiを選びます。

Screenshot_2015-09-22-03-57-03Screenshot_2015-09-22-03-57-21

そしてアプリにWi-Fiのパスワードを設定します。
この時間違ったパスワードを入力すると、「間違っています」と表示されるので、正しいものかもチェックされているようです。

パスワードは弊社サーバーに暗号化の上保存し、利用者にも暗号化して連絡 と記載があります。

Screenshot_2015-09-22-03-57-39Screenshot_2015-09-22-03-59-22

利用規約とプライバシーポリシーに同意するとシェアを開始することができます。
利用規約にはRoot化、Jailbreakn等によってWiFiシェア社と他者のデータにアクセスすることやID、パスワードを不正に使用する行為を禁じると書かれています。

今回の検証はRoot化もJailbreakもしていないスマートフォンを使って、自身のパスワードが見えるかの検証なのでセーフですよね。。。

Screenshot_2015-09-22-04-01-23

これでYAZAWi-Fiをシェアすることに成功しました。

WiFiシェアでシェアされてみる

続いてシェアされる側の設定です。

IMG_0004IMG_0010

iOSも起動画面もAndroid同様です。こちら側では、[周りのWi-Fiを利用(シェアされる)]を選択します。既にYAZAWi-Fiのシェア設定が完了しているため、シェアWi-Fiに表示されました。

IMG_0011IMG_0012

初回起動時にはiTunesにサインインしてユーザ認証を行います。

IMG_0013IMG_0015

おそらくリリース記念キャンペーンとしてやっている無料で使えることを指していると思われます。

IMG_0016IMG_0017

利用規約とプライバシーポリシーに同意して、利用するボタンをタップすると構成プロファイルのインストールが始まります。

IMG_0018IMG_0019

iOSデバイスでは通信設定を構成プロファイルという形で扱っています。
このファイル内に通信に関する様々な情報が記録されているということです。

IMG_0020IMG_0022

これでシェアWi-Fiを利用する設定が完了しました。
接続情報が確認できる「確認くん」にアクセスしてみると、本来はWiMAX回線であるYAZAWi-Fiがsakura.ne.jpというホストから通信をしていることが分かります。これがVPNですね。

これでスマートフォンを使ったシェアの設定が一通り終わりました。

Wi-Fiパスワードを探してみる

iPhone側では一切Wi-Fiのパスワードを設定するタイミングがありませんでしたが保存されているのでしょうか。

インストールした構成プロファイルの中身を見られればいいのですが、iPhoneだけで構成プロファイルの内容を参照することはできません。

ということで、iTunesを使ってPCにiPhoneのデータごとバックアップしてみます。構成プロファイルだけバックアップということもできないので全てバックアップです。

01

iTunesを使ってPCにバックアップすると、Users\{ユーザー名}\AppData\Roaming\AppleComputer\MobileSync\Backup内にバックアップごとにフォルダが生成されて保存されます。

02

Windowsコマンドプロンプトのgrep的なコマンドfindstrを使って、このフォルダ内に「YAZAWi-Fi」が含まれているファイルと箇所を探り、その結果を.logファイルに出力。

03

綺麗なxmlファイルの状態で見ることはできませんが、SSIDのYAZAWi-Fiの文字が幾つもあり、パスワードのPass=LoveLiveが平文のまま保存されていることが確認できました!

まとめ

iPhoneの構成プロファイルは簡易的に作ると内部に平文でパスワードを記載せざるを得ないものです。高木氏の指摘通り、このWiFiシェアのプロファイルにも平文でパスワードが記載されていました。

今回の検証では予めパスワードを知っており、探すのが比較的容易でしたがパターンを掴むか綺麗な形で構成プロファイルを参照すれば平文のパスワードをみることができるかと思います。

つまり、シェアしていると知らずのうちにパスワードが入手されて通信を利用されるだけでなく、ネットワーク内に入られてしまうことも考えられます。現状では、WiFiシェアを利用したい場合は高木氏が指摘する通り、ネットワークを分離したSSIDを別途用意して提供するべきでしょう。

04

サーバに暗号化の上保存しているWi-Fiのパスワードを暗号化されたまま端末にインストール

サービスサイトにはこのように書かれているのに、実際はこうだと安全性に関する誤解は生まれてしまいます。

クラウドファウンディングで160万円もの資金を集めたということは、それだけサービスに賛同している人が居るということなので、セキュリティなどの面もしっかりして盤石なサービスにしていって欲しいですね。

追記:2015/09/22 14:06
WiFiシェア様からコメントをいただきました。
Webページ修正のお知らせとアプリについて対策を実施するとのことです。

Webページには以下の文言が追加されております。

※悪意あるユーザがあなたのWi-Fiの周りにいる事を考え、複数あるWi-Fi名の内、普段使っていないWi-Fi名をシェアすることをお勧めします

また、以下の文言が変更されています。
修正前:

※パスワードは弊社サーバに暗号化の上保存し、利用者にも暗号化して連絡するので利用者及び他の人はパスワードは分かりません

修正後:

※パスワードは弊社サーバに暗号化の上保存し、利用時にはシステム的に連携することで漏洩を防止しています

WiFiシェア
@HiromitsuTakagi
Makuake

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント:5件

    • 検証ありがとうございます。
      また、誤解を与える表現をしておりもうしわけありません。
      さっそく、WEBページを修正いたしました。
      アプリについては、少々時間がかかってしまいますが、急いで実施します。
      その他、この書き方は誤解を与えるというものがあれば、ぜひご指摘下さい。

    • これ、回線を他人に貸して料金とることになるけど、プロバイダ契約面は大丈夫なのだろうか。

      • 普通の人はあんななっがいプロパイダ契約の書類なんて読んでないので知らないでしょうが
        プロパイダ契約の書類上で他人への貸与って確かに禁止のISPが多かったですね。
        そのため、FONも日本だと無料APはあるけど有料APはなかったはずですが

        警告されて従わない場合は、契約解除もあるはずですよね

    • 現在のシェアリングエコノミーという、世界的な流れに乗った素晴らしいアイデアだと思います。
      暗号化の部分は課題でしょうが、ソーシャルメディアの発達によってもたらされたシェアリングエコノミーですが何故に、プロバイダの契約事項がここで支持されるのか?Airbnb、Uber、等新しい試みに障壁は付きものです。頑張っていただきたいですね。

      • プロバイダの契約事項でそうさだめられてるのは、単純にトラフィックが増加するからじゃないですか

        softbankやらauやらdocomoやら、キャリアが定額プランと名付けていても実質7GB制限(古いか)を設けているのだって、通信を減らすためだし、

        有料で貸すとなったら自分が使ってない分他の人に使いたおさせちゃったりして、結局プロバイダや回線業者の負担になるでしょ。

        そういうのを想定するならもっと設備に金かけたりして、結局料金は高く設定するだろうし…。

        やっぱ契約違反は契約違反ですよ

        だから規約にもなってるんだと思いますよ

    Geekles(ギークルズ)をフォロー

    Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。