ラブライブ!スクフェス、ユーザー数800万人突破 1ヶ月に100万人増加ペースなので、5月には国内1000万人突破しそう

150226_scfes01

2月25日、ブシロードとKLabから提供されている「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」の国内ユーザー数が2月22日に800万人を突破したことが発表されました。

2013年4月にiOS向けがリリースされてから、およそ1年10ヶ月でユーザー数800万人を突破したことになります。

ユーザー数800万人突破記念キャンペーン

これを記念して、3月1日より7日間、特別ログインボーナスとしてラブカストーンを毎日1個、合計7個プレゼントするキャンペーンが行われます。

600、700万人突破の際のキャンペーンでは、それぞれ新規のRカードが追加されたので、今回のキャンペーンはちょっと寂しいですね。900、1000万人突破の為の下準備というところでしょうか。

加速するスクフェスのユーザー数推移

150226_scfes02

  • 2013年4月15日、iOS向けリリース
  • 2013年6月6日、Android向けリリース
  • 2013年6月26日、ユーザー数50万人突破
  • 2013年9月21日、ユーザー数100万人突破
  • 2014年2月24日、ユーザー数200万人突破
  • 2014年5月23日、ユーザー数300万人突破
  • 2014年8月8日、ユーザー数400万人突破
  • 2014年10月5日、ユーザー数500万人突破
  • 2014年12月4日、ユーザー数600万人突破
  • 2015年1月19日、ユーザー数700万人突破
  • 2015年2月22日、ユーザー数800万人突破

100・200万人まではそれぞれ5ヶ月ずつ、300・400万人まではそれぞれ3ヶ月ずつ、500・600万人まではそれぞれ2ヶ月ずつで突破していました。

そして700万人まで1ヶ月半で突破し、800万人まではほぼ1ヶ月で突破と、アニメ2期が終わりライブも終わった今でも、まだユーザー数が増えるスピードは衰えるどころか増すばかりです。

皮算用で計算してみると、700万人から800万人までは34日間かかっているので、このままのペースを維持すると5月1日には1000万人を突破しそうです。

国内のアプリで1000万ダウンロードを突破しているのはほんの一握りで、『ONE PIECE トレジャークルーズ』や『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』などが、ちょうど1000万ダウンロード突破のアプリです。

計算方法やユーザー属性の違いはありますが、『ONE PIECE』や『ドラクエ』と同等と考えると、相当凄いことがわかりますよね。

4月から予選が始まる、スクフェス初のリアルイベント「スクフェス感謝祭2015」や、6月13日からは映画「ラブライブ! The School Idol Movie」と、まだまだ伸びる材料は盛り沢山。

いちファンとして、スクフェスとラブライブ!のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

Source:ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル

こちらもおすすめ

あわせて読みたい

いま、注目の記事

Geeklesの最新記事

あんそく
投稿者:あんそく
ラブライバーです。 ラブライブ!に関する記事を書いたり、スマホに関連するサービスについて書いたりしています。

この記事へのコメント

この記事にはまだコメントは付いていません。

    Geekles(ギークルズ)をフォロー

    Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。