オリジナルTシャツが簡単に作れるサイト「tmix」とアプリ「UTme!」の比較レビュー

比較

オリジナルTシャツやグッズ制作を手がけるtmix(http://tmix.jp/)で、レビュー用に無料でTシャツを作らせていただきました。
せっかくなので以前紹介したユニクロのオリジナルTシャツが作れるアプリ「UTme!」と比較してみました。

画像は左側がtmix、右がUTme!で注文したもの。印刷は同じタイプのもので、落ちにくそうです。

tmixの方が良かった点

種類が多い!

Tシャツの色が36種類から選べる(UTme!は白一色)のはもちろん、形や素材も選べるのがうれしいですね。Tシャツについては、細身のTシャツやオーガニックコットンTシャツなど12種類から選べます。長袖やパーカー、ポロシャツ等もあります。

また、ユニクロの場合PCサイトではカスタマイズがいろいろ出来ますが、それでも取り扱いがないベビー服やタオル、トートバッグ等も作れるのがうれしい。即売会の販促にも使えそうです。

両面印刷

UTme!の場合は片面のみの印刷ですが、tmixの場合は両面印刷ができます(料金は割増)。創作の幅が広がります。

うら裏面にも印刷可能&トートバッグにも。トートバッグの印刷は、ゴムのような(よくあるタイプの)印刷でした。すぐ剥がれることはなさそう。

スマホでも十分な機能

テキストボックスの拡大縮小やフォントの切り替え等が自在にできます。UTme!の場合、テキストのサイズ変更やフォントの選択ができません。tmixではフォントが選べるのはとても魅力的ですが、ちょっと多すぎるくらいで迷います。
textテキストボックスは拡大縮小自在。UTme!の不便な仕様と比較すると便利。

短納期

tmixは、指定商品の場合当日発送も可能。UTme!は3日程度かかりましたので、急ぎのときには便利だと思います。

かんたんデザイン

テンプレートが豊富にあり作りやすいです。定番のものからドロイド君まであり、十分に使えます。
どろいどくん大人気のドロイド君!各パーツも動かせるので自分の好みのドロイド君が作れます。

sppediaスマホペディアTシャツ。ロゴはテンプレートにあったので入れてみました。

価格

4枚まではTシャツ1枚、片面印刷で最安値が2380円(税抜)。枚数を増やすと(組み合わせ自由)割引がかかるので多めに注文した方が得ですね。また、1枚から送料無料がうれしいです。

UTme!の方が良かった点

エフェクトがかけられない

UTme!ではモザイク柄やインクの飛び散り効果がありますが、tmixではできません。また、手書きの絵の具ツールが無いので別途用意する必要があります。

選択こういうお手軽に使えるエフェクトはUTme!らしさユニクロならでは。tmixにもこういうのがあるといいなぁと思いました。

もうすこし気軽に作りたい

ユニクロの場合、UTme!アプリのお陰で気軽にデザインすることができました。tmixの場合、Webサイトで編集をすることになるため、心理的障壁が少々…。専用アプリがあるともう少し気軽に作れそうなので期待したいところです。

まとめ

印刷は高品質で満足できるものでしたし、発送も即日発送のものではありませんでしたが3営業日程度でした。ユニクロと比べても遜色ないスピードで満足です。
背中側に印刷できるのはとても良く、例えば前側には自分のハンドルネーム・背中側にはWebサイトのURLを印刷する…なんて使い方もできます。絵を書くような方であれば、自分の絵の宣伝とURLやハンドルネームを同時に印刷するような使い方もできるでしょう。
今なら5枚から値引きされる(通常10枚以上)ため、夏の思い出に一枚いかがでしょうか。

Source:tmix

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。